Wordpresのサイトヘルスがめんどい〜永続オブジェクトキャッシュなど

ハナミズキの花言葉は永続性です。それはさておき

wordpressのサイトヘルス

健康診断を勝手にやってくれるのはありがたいですが、Goodと言われても、まだ改善する余地があって7項目もあると言われると気になってしまいます。特に、運営管理しているサイトはたくさんあるので、全部のサイトで色々言われるのでめんどいです。

とは言え、一個ずつ見て解消していけるものは解消したいです。

改善項目

停止中のプラグインを削除してください

これはプラグイン削除しちゃえばいいんでしょうけどね。一時的に使ってないから残しているとか、消しづらいこともありますね。まあでも思い切って全部捨ててしまうか。

停止中のテーマを削除してください

これも削除すればいいだけですね。とは言え、これも全部は消しにくい。前に優良で購入したテーマとかついつい残してしまっています。これも消せばいいですね。。。

古いデータベースサーバ

2023年1月時点のWordpressのデータベース要件は以下のとおりです。 MariaDBなら10.3以上.

しかし私の利用しているWpxSpeedのレンタルサーバの MariaDBのバージョンは5.5です。だいぶおいてかれてますね。

これはどうしようもなさそうです。レンタルサーバに確認して、ということになっていますが、現時点でアップデート予定は明示されておらず、このDBも問題なく動きます、としか回答がありません。

確かに、サーバ側で一方的にデーターベースのバージョンをアップデートするとトラブル続出でしょうし、このままもうあがらないのかもしれませんね。いつのひかアップデートが用意されて、自己責任でアップデートボタンを押してください!くらいになるとやってみたいですが、現実的には後数年立ったら、別のデータベースが新しいレンタルサーバに引っ越すことになる気がします。

post_max_size の値が、 upload_max_filesize の値よりよりも小さくなっている

post_max_size の設定が upload_max_filesize よりも小さく、同じ値ではないため、ファイルをアップロードする際に問題が発生する可能性があります。

これは、たしかに大きなファイルをアップロードした際に upload_max_filesize の値を大きくしました。そのままになっていましたが、 post_max_sizeと値を合しておいたほうがよさそうです。

永続オブジェクトキャッシュを使用してください

Redis Object Cache などのプラグインを入れると解消されました。

とはいえ、あまりプラグインを増やしたくないし、キャッシュのプラグインは過去にとりくんで、かえって調子が悪くなったので、いれたくないですね。このサイトでは現時点では見送りです。

ページキャッシュは検出されませんでしたが、サーバのレスポンスは良好です。

良好ならいいやん。 キャッシュプラグインはやっぱりサイト自体の調子が悪くなりがちなので、あんまりいれたくないです。

Authorizationヘッダーがありません

これはPHPのバージョンをアップすると解消されるとのことですが、レンタルサーバの推奨が 7.4.33となっているので、これを上げるのは、まだ止めておこうかと思います。

まとめ

ということで、あまり対応できませんでした。サイトヘルスがGoodである限りは、ある程度様子見でもいいのかと思います。

そんなところで

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村 日本ブログ村〜他の診断士のブログを読むには!

ITwordpress

Posted by tomoyamurakami