ペライチで十分のホームページもある。〜御社のHPを何でつくりますか?

三恵

ホームページ診断士の村上です。

やはり今でも一番多い相談は、ホームページを作りたい!リニューアルしたい!というものです。基本的はWordpressをオススメして、一緒に作っていくことが多いです。(請負はしてません)

  • コンセプトやターゲット顧客を整理して、
  • どういったキーワードを狙うべきか!
  • どうやったら問合せ率が増えるか!

ということをご一緒に考えて、あとはWordpressの基本的なセットアップを一緒にやって、操作方法を伝授するところまでです。

ただ、いつもWordpressを勧めるのは自重しています。やはりある程度のコンテツを作っていく必要があるので、相談者様のITレベルの問題や、そもそもあまり情報発信するネタがない・・・ということもあるので。

本当は、Webで成功するためには、情報発信するコンテンツを作りこんでいくしかないのですが(^^;

とはいっても、ご本人が自分で運用できなければ意味がないので、そういった時はJimdoやWIXを紹介していました。基本的にはWIXよりJimdoの方が好きです。WIXの方は出来上がりがキレイなのですが、Jimdoの方がページを増やしたり、色々情報発信していくには向いているかなと思っています。

セミナーの時は以下のように紹介しています・・・Wordpressがちょっとハードル高い人には、Jimdo WIXと。・・・そしてそれに加えて ペライチ もよく紹介しています。

HPを何でつくるか?

ペライチ

ペライチは、JimdoやWIXと同じく、Webブラウザの中でHPが作れてしまうシステムです。違うのは、名前のとおり、 ペライチ・・・つまり1枚物でHPを作ってしまうというわけです。

1ページで足りるの?という疑問はります。私も本来はたくさん記事を書いて、たくさんのページでという方が好きなのですが(^^;

「まあ、チラシ1枚レベルくらいの情報発信でいいや」

という時にはペライチ最適ですね。 かっこいいテンプレートがそろっていますので、写真とか文字を入れ換えていけばそれで完成です。

ペライチ

相談者さまと一緒にその場作ってみる

ということで、早速一緒に作り始めました。 有限会社三恵さんは金物の会社で、手すりやフレームなどをBtoBの中で作ってきました。しかし最近は、ご近所の方々から「ちょっとうちの手すり直してよ」みたいな相談も受けることが増えたので、それなら、消費者向け、BtoCでも始めてみようかな、ということにされたそうです。

最初は、「板橋でリフォーム」を仕事として取って行きたいとのことでしたが、リフォーム業界は激戦のため、なかなか、一枚ぽっちのHPで集客をしていくのは難しいです。

そこで、手すりやバリアフリーなどの得意分野に絞って情報を発信していくことにしました。

最初に考えるのはHPのタイトルです。このタイトルが当社のコンセプトを表す必要がありますし、お客さまが検索するキーワードも盛り込まれる必要があります。いろいろ考えた結果、板橋、バリアフリー、手すりを中心にしたタイトルになりました。

板橋でバリアフリー・リフォームを頼むなら 手すり革命の㈲三恵(さんけい)

それ以外に必要なのは顧客を納得させる情報と、信頼される情報が必要になります。

前者は当社のセールスポイントや事例、後者は顧客の声や実績、中の人の写真などです。

セールスポイントを3つ絞って記載しました。そして今日は代表者の方の写真がなかったのでそれだけは持ち帰りでご自身で撮影して頂き、自分でHPにアップしていただくことにしました。ペライチのいいところは、以下のようにWeb上からテキスト情報もそのまま修正できちゃいます。

peras

2時間で、コンセプトの相談から、Webの作成まで完了です!エヘン!w

画像をクリックすると 三恵さんのHPへ遷移します。

三恵

本当はもっと色々写真とか用意したりできればよかったですが、それでも中々立派なページができたのではないでしょうか?

相談者さまも、「自分の会社じゃないみたい」・・・とおっしゃってました(^^;

ちなみに、独自ドメインを取らなければ無料で使えます。独自ドメインを取ると年間1万程度ですね。本当はコレも独自ドメイン取ってもらいたいところです。名刺に書いたりするのにかっこわるいですもんね。

でも、あまり情報量が多くないので、独自ドメインでは検索上位は望みにくです。まだ、ペライチ傘下のドメインの方が検索順位は上がるかなあと思って、今回は仮屋のままオープンすることにしました。

こういったサービスを使うのは、リスクも有ります。たとえば、ペライチさんがサービス提供をやめたら、そこで終わりになるわけです。だから、Wordpressのようなオープンソースのほうが、無くなるリスクは少ないと思うので、普段はWordpressを勧めていますが、簡単に早く!という意味ではペライチのようなWebサービスにチャレンジしてみるのも良いですよ。

そんなところで。