「ビッグデータとクラウド」の動向

ビッグデータ クラウド

IT中小企業診断士の村上です。
 今日の夜は、「ビッグデータとクラウド」についての講演があります。(クローズドセミナーです)

 クラウドについては中小企業の活用について話しますが、
 企業の前に、個人として振り返っても、自分の業務のうちの
 多くがクラウドになっていますよね。

 他にも色々あるだろうけど、自分が使っているクラウドの主なところです。
ビッグデータ クラウド

 Google系のメールやカレンダーは当然でしょうし、
 ファイル共有でDropbox
 共同作業でサイボウズも使っている人多いでしょうね。

 そんな中で、
 最近のお気に入りは、OneDriveMoneyFowardです。

OneDriveでのエクセルアンケート




もともと、GoogleDriveで、アンケートフォームを作ったり、表計算を使ったり出来ました。
でもOneDriveなんといってもマイクロソフト社製。
アンケートデータが元々エクセルなので、やっぱり普段の業務と親和性が高いですね。

anke-to anke-to2

anke-to3
もちろんExcelアンケートだけじゃなくて、
ネットワーク上での共同作業にも使えるので、最近利用頻度が増えています!
7GB使うまでは無料です。

MoneyFowardで自分のお金の状況がわかる



簡単に言うと、家計簿アプリですが、
自分の複数ある口座、複数あるクレジットカードのデータと連携してくれるので、
いつ何の金額が動いたかすぐわかります。

Money

私の場合は事業用と個人用の口座を連動していますので、
今月の今時点で、収入いくら、支出いくら、というのがいつでも確認できます。
これはこれで見るのが怖いですけどね(^^;

また、クレジットカードと連携もしているので、何に使ったのかの費目も見れます。

まあ何をするにしても、現状の把握は重要ですもんね。
ついつい、毎日のように確認するようになりました。

ただ、難点は、これいいでしょ!と他人見せられないこと。
貯金額とかみえちゃいますもんね。