Skypeより使いやすいビデオ会議 appear.in ~URLを知らせるだけ

IT中小企業診断士の村上です。

企業さんとの打合せは、現地に赴くことがほとんどです。やっぱり現場大事ですもんね。

一方で、診断士同士の打合せなどはネット会議が中心になってきました。だって集まるのめんどくさいんだもの(^^;

一昔前は、ネット会議といえばSKYPEという感じでしたが、どうも多人数とかやりにくく、さらに新しくIDを取得する人とかいると、コンタクトの交換など事前準備がめんどくさいことがありました。

ネットも日々進化していますし、何か他にいいネット会議の仕組みがないもものかと調べていたら、ありました。

appear.inはURLを共有するだけ

appear.inは、ブラウザだけでネット会議をすぐ始められるWebサービスです。Webサービス自体は英語だけど、気にならないくらい簡単です。

http;//apeear.in/自分で名前をつけた、URL(リンク)を作って、それをメンバに送るだけ。

なお、ブラウザはインターネットエクスプローラーとかサファリとかは使えないので、GoogleChromeを用意しておきましょう。

URLにアクセスすると、以下のような感じで自分のPCのカメラで映像のネット会議ができます。画像が暗いのは、あえて逆光にしてるからです。なお、動画自体は通信環境により遅くなることがあるので、右下のVideoOffで切っておくと、音声のみ通信ができます。もしくは 上部の Ca/Micのところで、動画の品質をLowに落とすことができます。

 画面も共有できます

ファイルも共有したいので、 Share Screen とすると画面も共有してくれます。全画面共有と、アプリケーション単体の共有ができる・・はずですが。 Finderとかプレビューウィンドは共有できるのですが、今、パワーポイントも立ち上げているのですが、パワーポイントアプリが共有Windowがでてこないので、全画面共有しました。

簡単にネット会議が始められのがいいですね。人数は、どこまで行けるのかわかりませんが、昨日5人で実施したときは、スムーズにいきました。

ネット会議は準備が重要

と仕組みは簡単にできるネット会議ですが、やはり会議自体はリアルの場に比べるともどかしいですよね。だからこそ、アジェンダは絶対に作っておきたいですね。 議題。

リアルの会議でもあって当然だと思いますが、ネットの会議であれば、アジェンダを事前に作って、会議メンバに共有しておくことで、当日のネット会議がスムーズに行くかと思います。

そんなところで