GoogleDriveで壊れたファイルを履歴から復旧させる

IT中小企業診断士の村上です。

クラウドのハードディスクサービスは Dropboxを使っています。
でも一部GoogleDriveも利用しています。

アンケートを取ったり、みんなで名簿を共有したりする場合ですね。

Dropboxは30日間履歴が残っているので、
誤ってファイル壊しちゃっても復旧できます。

そして、GoogleDriveでも、 もちろん復旧機能がついています。
この復旧機能があるだけで、やはりクラウドのハードディスクサービスは使うべきだなと思いますね。

「ああああ、ファイルなくなちゃったああああ・・・」 という時にファイルがクラウドから復旧できたときの、
幸せさは忘れられません(^^;

 

ということで、GoogleDriveの過去の履歴を確認して、
その履歴のバージョンを復旧する方法を以下にまとめます。

 

(1)ドキュメントを表示します。

gdrive01

 

(2)ファイルメニューから
「変更履歴を表示」をクリックします。

gdrive02

 

 

(3)そうすると、過去の履歴がずらずらっと表示されますので、
復旧したいバージョンを選択します。

gdrive03

 

(4)そうすると、そのバージョンが表示され、
「この版を復元」をクリックすると復旧されます。

 

※スプレッドシートで試しましたが、復旧中はセルの色がおかしくなってますね。

gdrive04

 

(5)無事復旧できました!

 

 

編集履歴の保持期間は、Dropboxと同じく、30日間のようです。

その他の診断士ブログを見るにはこちらから!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士