補助金をもらって、利益を出したら表彰されるべきじゃない!?

Not補助金診断士の村上です。

補助金をフックに営業はしません!といいながら、ほとんど営業自体してないですけど(><
もちろん、継続的にご支援している企業さんで、タイミングが合えば、補助金の申請をお手伝いしますし、公的機関から、この企業さんの申請を手伝って、と言われれば手伝いますよ。

なんかでもね、お金の話先行で嫌になることが多いです。

結果的に、そんなに買う必要がなかった設備を買って、その後どうするのよ?みたいなタイミングで販路開拓の相談とかで呼ばれると、絶望感が一杯です。メーカも設備を売るために、補助金があるから、今買いなよ!みたいな営業はヤメればいいですのにね。いまは出てこないですけど「ものづくり補助金」とか検索すると、リスティング広告で超有名製造業の広告とか出てきます。なんか下品でやだ。

ーーーー

なんか、色々補助金関連ではスパムみたいなメールも来ます。160万円分の研修を無料受講できる!とか。まあ、中小企業が人材育成のために補助金が出ること自体は素晴らしいと思いますが、100%助成されるわけでもないのに、無料受講って、どうしているんでしょうね?(想像はつきますが)

ho

ちなみに、しょっちゅう、補助金で下品なメールを送ってくるのは、このIT企業ですね。まあ、こっちは経産省系でなくて、厚労省系の補助金ですが。

もともと設備やHPが必要だったところで、いいタイミングだったので、補助金使って申請!ってのはWelcomeです。応援したい。でも補助金が出たから、そんなに必要ないけど、いま買っちゃう?みたいなのは、やめてほしい。どうせ失敗します。

だからこそ、診断士でも税理士でも、社労士でも、補助金をフックに営業しちゃいけないと思うんですよ。必要ない人に買えば?なんてすすめるのは、本末転倒すぎる。。。

補助金申請で利益が出たら返還するの?

こういうことをなくすためには、制度を変える必要があるのではないでしょうか?補助金の代書禁止!とかするべきだと思うんだけど、そうすると、文章書けないけど、今必要なんだ!という企業が漏れてしまう。

なので、補助金申請して、利益でなかったら、補助金は返してもらう!という制度はどうでしょうか?いまは、利益が出たら、補助金返してもらう・・・みたいになっているけど、これは逆だと思うのです。

国としても、利益を出して、税金を納めてほしいから、補助金を出すわけでしょ?そうしたら、利益を出した企業は褒められるべきで、あえて、補助金を返還する必要ないでしょう。むしろ、補助金を使って、利益を出せなかった企業は、ダメでしょ!ということで、補助金を返してもらう位のほうがいいんではないですか?

まあ、もちろん、利益出すつもりだったけど、出せなくて、お金なくて困ってしまう企業もイルでしょうけど、それくらい、ハードルを高くすべきだと思うんです。そうか、補助金申請して、利益が出たら、補助金支給するけど、でなかったら補助金は渡さないというのもいいのではないでしょうか?
(もちろん、補助金事業以外で利益がでたりとか、いろいろ判定基準は整理しないといけないですが)

そうすれば、補助金の代書をメインの事業にしている人たちも考えを改めるのではないでしょうか?

そんなところで。