消費税10%に向けた軽減税率の影響と対策

keigen

食品販売・飲食業対象(酒類・外食を除く飲食料品を販売する事業所が主対象)
例えば:同じお客様でも外食をしておみやげを購入すると複数の税率に対応した領収書を出したり、経理処理を行っていく必要があります。
・軽減税率制度の概要
・ 小売り(8%)と外食(10%)の違い
・減税率の対策として必要になること