iWorksとかKeynoteをクラウドで無料で使ってみた。

 

アップル、「iWork for iCloud beta」を全ユーザーに公開
http://japan.cnet.com/news/service/35036337/?ref=rss
という記事が出ていたので、早速使ってみることにしました。

 

iCloudにログイン
https://www.icloud.com/
icloud01

 

そうすると、今までの連絡先やカレンダーのアイコンだけではなく
iWorks関連が増えています !

icloud02

 

ちなみに
Pagesが マイクロソフトでいうところのワード
Numbersが エクセル
Keynote が パワーポイントです。

早速Keynoteを起動してみます。

icloud03 icloud04

 

残念ながらまだ英語版のみの提供のようです。
ただ、メニューが英語というだけで、普通に日本語は使えました。
日本語のきれいなフォントとか触れると嬉しいなあ。

icloud05

 

保存すると、クラウドにファイル名が残されました。
ファイルが増えた時にどう管理していくかは悩ましそうですが、
今のところは普通に保存できますね。

icloud06

 

また、Shareボタンを押すと、以下のように
Keynote形式、PDF形式、Powerpointが選べて、
メールで送付できます。

icloud07

 

Keynoteを選択して変換中。。。
クラウドのKeynoteと MAC版のKeynoteは形式が違うんでしょうかね。

icloud08

 

まあ、そこそこ使えるかな?といった所感です。

Googleのクラウド、GoogleDriveは シンプルで使いやすいけどインターフェースが安っぽいのですが、
さすがMACのクラウドはインターフェースも美しい感じですね。
そして、すぐ使いはじめることができます。

WindowsのクラウドのOfficeはどこからどう使いはじめるのか非常にわかりづらかった。
そのあたりもさすがMACですね。

でもまあ、もちろんMACにKeynoteとかはインストールされているので、
今すぐクラウドに移行するというわけではないのですが、
今後どうなっていくのかは楽しみですね。