Gmailで大容量ファイルを送付する

IT中小企業診断士の村上です。

gmailの添付ファイルの上限容量は今まで、 25MBでした
添付ファイルの上限サイズ

まあ、 相手方のメールサーバ受信できるメール容量は
ケースバイケースですが、 5MB以内のところが多そうなので、
25MBを送付することはできませんので、
宅ふぁいる便ファイルストレージといった
大容量メール転送サービスを使っていました。

そして、今回は、Googleドライブを使うと10GBまでファイル共有が可能になりました。
まあ、上記ファイルストレージの代わりにはなりそうです。
ただし、ファイルパスを公開し続けることになるので、
相手がうけとったら、消すといった作業は後々必要になるかもしれませんね。
Googleの「Gmail」、Driveとの連携で最大10GBのファイル添付が可能に

 

(1)メール作成画面で、下部に「ドライブを利用してファイルを挿入」を選択します。

gmailf01

 

(2)ファイルのアップロード画面となります。
もともと、Googleドライブの中においてあるファイルをアップするときは、マイドライブを選択します。

gmailf02

 

(3)ファイルをアップしてメールを送ろうとすると以下の様な権限設定が聞かれます。
Googleドライブの中のファイルの権限付与を行うわけです。

gmailf03

 

(4)そして、以下はGoogleドライブで添付ファイルをつけたメールを受信したメールの内容です。
通常の添付ファイルのように、ファイルが見えますが、ファイルをクリックすると、
次のGoogleドライブの画面に移ります。

 

gmailf04

 

(5)Googleドライブでダウンロードボタンをクリックすると、ファイルのダウンロードが始まります

gmailf05

 

(7)ファイルサイズが大きくなると、Googleのウィルスチェックは働かないようです。
ここは何とかして欲しいですね。

gmailf06