PayPayの店舗側の決済手数料はいくらに?2021年10月1日から有料化へ

決済手数料が無料ということで、PayPayとLINE Payを選択して導入してきたお店・事業者さんは多かったと思います。両社ともに今年中に無料ではなくなります。

ボランティアではないので、いつか有料にせねばならず、予定通り2−3年後に有料化になりそうですね。

PayPayの手数料はいくらか?

ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!ローカルスーパー&コンビニの2つのサバイバル戦略
https://bunshun.jp/articles/-/45285 (文春)

ただ、いまだに、ホームページには手数料が0円としか記載されていません。

※1の但し書きを確認すると・・・

  • ※1決済システム利用料は、2021年10月1日以降有料となります。(2021年9月30日まで無料)なお、2020年4月1日以降新たに加盟店になった年商10億円以上の法人の場合は有料です。詳細はこちらまでお問い合わせください。
  • ・PayPay決済が発生しない場合、上記のPayPay決済システム利用料は発生しません。
  • ・具体的な利用料率について、2021年3月末にお知らせする予定でしたが、現在のコロナ禍の状況および経済情勢等を鑑み、お知らせする予定日を2021年8月31日に変更いたします。

手数料の発表は なんと2021年8月31日

さすがに1ヶ月前は遅いなあと思います。もっと早く発表してほしい。

こんなにギリギリだと、もしかしてコロナなので、0%延長という英断があるかとも期待してしまいますね。

ということで、本日時点では、手数料がいくらかはわかりません。個人的には2%以下じゃないとクレジットカード等に対抗できないと思いますし、1%とかになると、ますますPayPayのシェアが伸びるんじゃないかと思います。(PayPayが儲かるとは言っていない)

LINE Payの店舗側手数料はいくらか?

一方、LINE Payは一足はやく有料化の予定です。

*決済手数料はLINE Pay 据置端末、プリントQR、LINE Pay店舗用アプリをお申込みの場合、2021年7月まで無料

さて、手数料はいくらになるのか・・・・書いてました!

2021年8月1日以降は2.45%[税別])

うーん、クレカより安いけど、結構高いですね。

QR決済の手数料としては厳しいと思います。 ただ、LINE Payは色々公式LINEと連携しての決済など便利機能もあるので、その変考えて総合的に判断していかないといけないですね。

ただし、決済手数料は手段やコンテンツによって変わるのでしっかり調べてから導入しましょう。そもそも、「据置端末、プリントQR、LINE Pay店舗用アプリ」以外のLINE Payは現在も有料です。

追記 LINE Payの手数料有料化が延期に

LINE Payの有料化は、少し早く2021年8月からでしたが、PayPayとLINE Payの経営が融合していく予定ですから、同じ時期、つまり2021年10月からに変わりましたね。

ということはPayPayの手数料も2.45%になる?

LINE PayとPayPayは統合が決まっています。

<ニュース>2022年にPayPayとLINE Payがサービス統合。4月より加盟店連携などがスタートhttps://kakakumag.com/money/?id=16771

ということは、現時点では、決済手数料も揃えてくるのかもしれませんね。2.45%をPayPayにとられるのはイメージとしては少し高い。 まだLINE Payの方が公式LINEなど色々連携しながらできるので、付加価値は高いと思います。一方で、シェアは高いPayPay。発表する手数料がどうなるのか。発表時には期待を裏切る低価格になって、一緒にLINE Payの手数料も下がってくれないかなあ。

しかし手数料が高くなっても、PayPayなどの決済会社だけが悪いのではありません。

キャッシュレス化するほどに重くなる手数料負担のパラドックスhttps://www.watch.impress.co.jp/docs/series/suzukij/1251222.html

決済ネットワークで仲介を行なうNTTデータのCAFISなどは、その構造上少額決済ほど手数料負担が大きくなる問題があり、これが決済手数料全体を押し上げる要因の1つになっているとされる

決済の中核の仕組みが値下げ、もしくは変わっていかないと、いつまでたっても、決済手数料は下がらず、いつまでたってもキャッシュレスの普及が進みきらない!ということになりますので、これは日本全体としてなんとかしていきたい問題です。

そんなところで。