2021年中小企業白書(概要案)におけるIT活用のポイントを動画でまとめました。

2021年版中小企業白書が出ました。

概要版の目次を掲載すると、いつもと同じように1部は動向ということ中小事業者のデータが並んでいます。そして、2部が今後重要となるテーマであり、このテーマを実現していくために、施策が準備されていくわけです。

2部の項目をみると

  • 感染症の影響
  • 事業継続力と競争力を高めるデジタル化
  • 事業承継、M&Aを通じた成長・発展と経営資源の有効活用
  • 消費者意識の変化と小規模事業者の底力

ということで大きくデジタル化が取り上げられています。しかし今までとデジタル化、IT化の目的が少しかわってきています。

IT活用やデジタル化って、生産性向上がメイン目的でした。日本の低い生産性を高めることが目的でした。

その後、この数年来、テレワークを代表とする働き方改革が重要視されてきました。

そして、2021年、今年、事業継続力強化の観点でのデジタル化という表現になりました。

やはり、コロナ禍もあって、デジタルを活用したオンラインでのサービス展開がないと、事業の継続は難しいと考えられます。リアル店舗のみでは緊急事態が来てしまったら、営業ができません。リアルとオンラインの両面でサービス展開をしていくために、IT・デジタル化を図っていくことが必要なんでしょうね。

中小企業白書2021年のIT活用について動画でまとめてみました。

そんなところで