車やオートバイクをキャッシュレスで購入したら還元されるのか?中古車は?

詳細は、こちらの 加盟店登録要領を確認ください。https://cashless.go.jp/assets/doc/kameiten_tourokuyouryou.pdf

中小事業者の店で購入すると5%還元だが

キャッシュレス・消費者還元事業で、消費者がキャッシュレスで、つまりクレジットカードや、電子マネー、スマホQR決済を使って購入すると、基本的には5%が還元されることになります。

しかし残念ながら全てが還元になるわけではありません。購入する店は、もちろん事前の店舗登録が必要ですし、対象となる決済も事前の登録がなされたものだけです。

また、フランチャイズのお店の場合も注意が必要です。フランチャイズの本部が中小企業でない場合は、オーナーが中小企業であっても2%の還元になります。また、ガソリンスタンドなどはフランチャイズでなくても2%還元です。

商品によって還元される、されないがある?

さらに、商品によっても全てのものが5%還元対象になるわけではありません。

車はどうでしょうか?中古車はどうでしょうか?

結論から言いますと、車は新車でも中古車でもキャッシュレス還元事業の対象外となっています。別途、消費税率引き上げに応じて、政府からの支援施策があるからですね。

一方でバイクは新車でも中古車でも還元対象となります。

ただし、キャッシュレスには支払上限があります。クレジットカードの与信により、10万だったり、30万だったり、100万だったりするでしょう。スマホ決済でも現時点ではPayPayは25万円までしか払えません。あまり高額なバイクは購入できないわけです。

以下に、冒頭の加盟店要領から関連する部分を貼り付けています。

☓ キャッシュレスの消費者還元の対象外となる取引

  1. 消費税法別表第二の一~五に規定する有価証券等、郵便切手類、印紙、証紙及び物品切手等の販売
  2. 全ての四輪自動車(新車・中古車)の販売
  3. 新築住宅の販売
  4. 当せん金付証票(宝くじ)、スポーツ振興投票券(スポーツ振興くじ)、勝馬投票券(競馬)、勝
    者投票券(競輪)、舟券(競艇)及び勝車投票券(オートレース)の販売
  5. 収納代行サービスや代金引換サービスに対する支払い
  6. 給与、賃金、寄付金、祝金、見舞金、補助金、保険金、共済金、株式の配当金やその他の出資分配金の支払い
  7. キャンセルにより存在しなくなった原因取引に対する支払い
  8. その他本事業の目的・趣旨から適切でないと経済産業省及び補助金事務局が判断するものに対する支払い

◯ キャッシュレスの消費者還元の対象となる取引

(注)以下の取引については消費者還元の対象となる。
(ア)二輪自動車(新車・中古車)の販売
(イ)酒類の販売
(ウ)著作物(書籍・雑誌、新聞及びレコード盤・音楽用テープ・音楽用CD)の販売
(エ)たばこの販売

そんなところで