PayPayの決済取扱高が昨年より2兆円アップ!

Softbankの決算説明会がありPayPayの状況が発表されました。ユーザ数は3500万!全人口の1/3ですね。しかしまあ、ユーザ数にあまり意味はないと思います。アクティブユーザというか常に使っている人口が大事ですね。

私自身でいうと、明らかに利用回数は減っています。基本はQuickpay,iDといったIC決済が一軍です。FCの店舗であればほとんど対応しています。ただ、小規模店舗だと、ICに対応していないことも多く、決済手段が、クレカかPayPayしかないというお店も結構あります。クレカを使うよりはPayPayの方が便利なので、そのときにはPayPayつかっています。

私の中では
Quickpay > iD > LINE Pay > PayPay > クレカ という優先順位で使っています。

LINE Payは、やはり友達との割り勘など、すでにつながっている人に送金することが多いです。

ということで、PayPayの決済額は、3.2兆円 前年(2019年)が1.2兆円だから大きく伸びてはいますね。しかし、決済キャンペーンもどんどん減少し、インパクトがなくなってきていますね。

今後どのように拡大していくのか、LINE Payとの統合でLINEとの連携が拡大の肝なんじゃないかなあと感じてます。

Softbankの決算資料より

(図表の出典は、Softbank 2021年3月期 第3四半期 決算説明会 プレゼン資料より)