おもてなし規格認証2018年を取得する方法

おもてなし規格認証とは!

顧客・従業員・地域社会の満足度を高めるための取組 30項目をチェックし、各認証において必要な基準を満たすことで マークや登録証または認証書を取得することができます

取得すると以下の3つのメリットがあります。なかでも一番直接的なのは補助金の申請の際に加点になることですね。IT導入補助金ももちろん加点されますので、補助金を申請する前に取得しておきたいですね。

早速取得してみる

おもてなし規格認証のページはこちらです。 https://www.service-design.jp/ ここから登録してして取得していくわけです。

こういった認証には、ランクがつきものですね。紅が最低ランクで、紫が最高ランクです。もちろんランクが高い方が補助金でも加点される可能性はありますが、 紅だけは自己チェックシートを確認するだけで、すぐ取れるので、まずは紅認証を取りましょう。 その上で、制度の趣旨に納得がいけば有料の認証に進んでいけば良いと思います。

登録のステップ

登録のステップは以下のとおりです。 実際には、ここから登録を行っていきます。

メールアドレスを登録すると(仮登録)本登録画面がメールで送られてきます。会社等の基本情報を登録しましょう。そして次からチェックシートに記載です。

チェックシートに記載

幾つかの段落がありますが、順番に自社が対応しているところをチェックしていきましょう。

情報提供に関する取組

設備に関する取組

職場などの環境改善に関する取組

業務の改善に関する取組

ツールの導入・用意に関する取組

顧客理解・対応に関する取組

人材教育・育成に関する取組

これでセルフチェックが一旦完了です。

内容の確認とこれからやりたいこと

ととここまでで、チェックした一覧が表示されてます。 15項目以上チェックが必要です。足りなければ、これから実施したいと思う項目にチェックを付けていきましょう。

1回目にチェックがつかなかった項目で、これからやりたいものをチェックできます。

これで登録完了です。

登録証をダウンロード

メールで登録証のURLが送られてきます。

実際にダウンロードするとこれで完了ですね。この登録番号を補助金申請書に記載することになります。(IT導入補助金の場合)

また、おもてなし企業として、以下のようなマークをレジ横などに掲載できます。

 

 

そんなところで