法人番号と会社法人等番号の違い

補助金等で使うのは法人番号

IT導入補助金等の補助金申請でも、書類に番号を書くところがありますが、会社法人等番号ではなく、法人番号を記載します。こんなところ間違って書類不備で落ちたら悲しいので、番号をしっかり確認してくださいね。

IT導入補助金の申請書の書き方のポイント

法人番号とは

法人番号は、日本において法人・団体の識別番号として国税庁から指定・通知される番号です。桁数は数字13桁です。国税、地方税、社会保険などの手続に使われるます。そしてもちろん、補助金の申請にも使われます。

なお、マイナンバーは個人番号の通称であり、法人番号はマイナンバーとは言わないが、法人版マイナンバー表記していることもあります。

法人には、1法人1つの法人番号(13桁)が指定され、登記上の所在地に通知されます。個人番号(マイナンバー)と異なり、原則として公表され、どなたでも自由に利用できます。

法人番号には、番号法の基本理念である、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する社会基盤としての役割と新たな価値の創出という目的があります。

法人番号は個人のマイナンバーと違って、公開情報です。なので、わたしも自社HPに法人番号は記載しています。

ということで、法人番号はWebでも検索できます。法人番号公表サイトで社名検索できますよ。

 

会社法人等番号とは

会社法人等番号は、日本において、登記所が商業登記、法人登記の登記記録1件ごとに記録している会社、法人などの識別番号です。

桁数は数字12桁です。登記所での手続に使われます。

履歴事項全部証明書だと 一番上に書かれている番号です。

そんなところで。