アカウント登録や決済がめんどくさいと、ネットショップの途中で購入を断念する。

IT中小企業診断士の村上です。

購入はAmazonばかり

ネットショップたくさん使います。ただほとんどAmazon様ですね。 2016年のAmazonでの購入額

あとは、お客様とか関係者のショップで買ってみることもあります。でも、そういうときって、チョット面倒です。新しく、アカウント登録しなあかんし、クレジットカードは登録しなあかんし・・・さらにクレジットカードNGで、銀行振込になるとちょっと途中でやめたくなるわけです。

ECで購入やめた理由、62.8%が「アカウント登録が面倒」
https://www.tsuhannews.jp/news/investigation/45987

登録が面倒なサイトでは購入しない

前々から言われていることですが、独自ショップで購入するのがめんどくさい理由は、やはり初めて購入するときにアカウント登録をしないといけないこと。

出典:(株)マージェリック「ネットショッピングに関するアンケート調査」

「購入をあきらめた」「条件は悪いが普段使っているサイトで購入した」理由については、62.8%が「アカウント(支払い情報や住所の登録)が面倒だった」、61.3%が「ポイントを貯めたかった」と答えている。その一方で、「セキュリティに不安があった」(35.1%)、「アカウントを忘れてログインできなかった」(25.7%)、「販促やDMを受け取りたくなかった」(24.1%)との答えも見られた。

 

独自ショップのお酒やさんで購入したこと

この前訪問した、金町のお酒やさんで、お酒を購入しました。

陸の王者! なんでも慶応の運動部の応援歌は 若き血 というらしいです。 そして、歌詞の中に 「陸の王者」というフレーズが登場するので、慶応出身の先代がお酒を企画して作られたそうです。

私は大阪の大学だし、運動部とかてんで弱いというか、そもそも一般の学生が応援しに行ったりする風習もなかったので、大学スポーツを応援する習慣はないですけど、慶応や早稲田だったらすごいんでしょうね、応援。そうすると、こういうお酒も売れていきそうな予感がします。 認知されれば。

そんなネットショップのお手伝いをよくするのですが、まずは最初に自分で買ってみることにしています。(高額品除く(^^;)

画層をクリックするとネットショップに移動します。

独自ショップなので、当然、アカウント登録があります。。。チョット面倒ですね。

そして他にも、クレジットカードが対応していなくて、代引か銀行振込。銀行振込も注文確定メールに書いてなくて、ネットショップに来て改めて振込先を探しました。

とりあえず、こういったところをスムーズにしておかないと、今後、お酒の名前が売れても、購入率は高くなりません。

決済サービスの活用へ

ただ、じゃあ、Amazonやネットショップに出店するかというと、ある程度のボリュームがないと店舗費用はペイして来ません。将来的にも独自のショップを育てておかないと、利益率も上がってこない。

そうすると決済サービスの活用がキーになりそうですね。

AmazpnPayment

決済手数料4%で、自社サイトにAmazonの決済ボタンを設置できるわけですね。

楽天Payもありますね。

楽天Payはネットショップに決済をつけるのよりも、実店舗で決済させて、ポイントが共通ってのを狙っているんでしょうね。最近、実店舗とかで、楽天カードありますか?とか楽天の決済ができる・・みたいなのは見かけることが増えてきた気がします。 一方で、まだまだ独自ショップで楽天Payで支払いってのは、見かけないですね。

どのショップでも使える・・・というより、大手サイト中心に連携をし始めているという感じでしょうか。

ということで、独自ショップにはみんなAmazonPayをくっつける時代が遠からず来そうな気がします。

そんなところで。