IT導入補助金申請に必要な、おもてなし規格認証の取得について

IT中小企業診断士の村上です。

IT導入補助金の準備をしていたら、おもてなし規格認証・・・をとると良いよ。。。と書いてありました。

政策面 からの 審査項目 (4)関連事業に 係る取組の審査
・「おもてなし規格認証 2017」(紅、金、紺、紫認証のいずれか)を取得しているか
・補助金の額が 50 万円以上の場合、専門家による事業計 画の作成支援を受けているか
・補助金の額が 80 万円以上の場合、「中小企業等経営強 化法」に基づく経営力向上計画の認定を受けているか

お・も・て・な・し・・・クリステルさんに聞かなきゃあ・・・ということで、グーグルさんに聞いてみました。

認証には4段階のグレードがあるようです。上位3つのは有料で、色々審査も大変のようですが、 一番下の 紅認証なら 無料で、自己適合をチェックすれば獲得できるようです。 なお、紅認証でも、補助金には少しは有利になるようですね。

ということで、自社でも取得してみることにします。メールアドレスを登録して、実際にやってみます。

会社情報を登録します。

金 以上の 認証を希望すると、よくわからない認証機関から連絡がくるらしいので、 まずは 紅認証ということで、 金認証は希望しません。

そうすると、チェックシートが出てきました。どこまで自社ができているかチェックしていきます。

15項目以上はチェックが入らないといけないようですね。 うちは店舗を持っているわけではないので、店舗の項目などはチェックが入りませんが、それ以外で15個くらいはつきそうです。 インターネットの問い合わせ窓口がある、とか楽勝で(^^;

「既に実施している」もしくは「今後実施したいと思う」取組について、合わせて15項目以上適合する皆さまは「おもてなし規格認証 2017」に登録することができます。登録後に発行される「登録証」と「登録マーク」を店頭に掲出することで、皆さまのサービス品質や取組のPRに繋がります。ぜひ、ご活用ください。

 

15個以上、自己適合できると、メールで登録証が送られてきました。

そうすると、店舗とかに以下のような掲示を張り出せます。

そんなところで。