失敗の本質に学ぶプロジェクトマネジメント

IT中小企業診断士の村上です。

もう、当日ですが、今日の夜、プロジェクトマネジメントについて、話してきます。

失敗プロジェクトケースから学ぶトラブル対策の考え方
 ~失敗の本質から学ぶITプロジェクトマネジメント~
2012/10/23(火) 19:00~20:45  <開場18:30>
http://www.pasonatech.co.jp/event/index.jsp?mode=2&d=on&no=3584

あなたはプロジェクトの失敗から何を学び、どのように次につなげますか?!

プロジェクトマネジメントを任されることは、やりがいも大きい分、
それに比例して、責任も大きいものです。そのような中で誰もが一度は、
“あぁ失敗してしまったな”と感じる経験をした事があるのではないでしょうか。

限られた予算、絶対的に守らなければならない納期など、多くの前提条件がある中で、
仕様変更や、機能追加、予算縮小にメンバーのモチベーション低下など
失敗につながる要因はいくつでも存在しています。

プロジェクトマネージャーを経験した事がある方なら、
その知識の必要性から、PMBOKなどで学習し、
日々の問題解決につなげられていると思います。

しかし、どうしても書籍からだけでは、得られるノウハウも限定的になってしまいます。
そこで今回のセミナーでは、実際のプロジェクトマネジメントの失敗に焦点を当てたいと思います。
プロジェクトの成功要因は様々ありますが、
失敗要因はどれも似たものであることが多いです。

失敗を成功に活かすために、ITプロジェクトの失敗事例とともに、「失敗の本質」という名著にある“太平洋戦争時の日本軍の失敗”を対比しながら、失敗から何を学ぶべきなのかを追求していきます。

普段とは違った視点で失敗の本質を学び、マネジメントに活かしませんか?