タグ

AIはブログを書けるか!? ChatGPTでブログ記事を書けるか、試してみる

動画生成に引き続き、CHATのAIの進化がすごいですよね。ChatGPTで記事を書けるか試してみました。

ちょうど今、飲食店のモバイルオーダーについて調べていて記事にしようと思うのですが、自分の作っている記事の前にChatGTPで作った記事を掲載してみます。

ChatGPTで作成した記事

赤のLOのところが私が問いかけた質問で、緑のところがChatGPTの回答です。

飲食店のモバイルオーダーアプリについて教えてください

モバイルオーダーアプリは、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末を使用して、飲食店での食事の注文を行うためのアプリケーションです。これにより、顧客は店舗にいながらも、メニューを確認した上で注文を行うことができます。また、一部のアプリでは、予約やお会計も行うことができるものがあります。このようなアプリは顧客にとっては時間の節約や便利さを提供し、飲食店にとっては、注文のスムーズ化や人数の調整などの効果があります。

飲食店のモバイルオーダーアプリのメリットについて教えてください

飲食店のモバイルオーダーアプリには、以下のようなメリットがあります。

  1. スマートフォンやタブレットを使用して、いつでもどこでも注文ができるため、顧客にとっては時間の節約や便利さがあります。
  2. 飲食店のメニューや商品のカタログを確認することができるため、注文の際に迷うことがなくなります。
  3. オンラインでの注文により、店舗の人数の調整やスムーズな注文処理が可能になり、飲食店にとっても効率的になります。
  4. 予約やお会計も可能なアプリでは、顧客にとってもスムーズなサービスが提供できます
  5. 分析や洞察情報を得られることで、店舗の経営に役立つ
  6. プッシュ通知を使用することで、顧客にとっては特別な割引やキャンペーンなどの情報を提供することができる。

飲食店のモバイルオーダーでおすすめのアプリを教えてください。

飲食店のモバイルオーダーアプリには、多くのアプリがありますが、おすすめのアプリについては以下のようになります。

  1. Grubhub: 米国では最も人気があるアプリの一つで、数多くの飲食店が参加しています。配達も行っています。
  2. DoorDash: 米国とカナダで人気のあるアプリで、多くの飲食店が参加しています。配達も行っています。
  3. Uber Eats: Uberが運営する配達アプリで、世界中に飲食店が参加しています。
  4. Postmates: 米国で人気のあるアプリで、配達も行っています。
  5. Just Eat:イギリスやオーストラリアなど欧州諸国で人気のあるアプリで、多くの飲食店が参加しています。
  6. Foodpanda: アジア諸国などで人気のあるアプリで、多くの飲食店が参加しています。

最終的におすすめは地域や国、店舗によって異なります。どのアプリを利用するかは、自分のニーズに合わせて選ぶようにしましょう。

日本の飲食店でおすすめのモバイルオーダーアプリを教えてください。

日本では、以下のようなモバイルオーダーアプリが人気があります。

  1. LINE Pay メニュー: LINEが提供するアプリで、多くの飲食店が参加しており、カフェやファーストフードなど様々なジャンルの飲食店が利用できます。
  2. Rakuten Delivery: 楽天グループが運営する配達アプリで、多くの飲食店が参加しており、幅広いジャンルの飲食店が利用できます。
  3. スマートフォンでかんたん カフェ・レストラン : ジャパンネット銀行が提供するアプリで、多くの飲食店が参加しており、カフェやレストランなど様々なジャンルの飲食店が利用できます。
  4. ぐるなび: 飲食店検索・予約アプリとして人気のあるアプリで、多くの飲食店が参加しており、幅広いジャンルの飲食店が利用できます。
  5. メニューかんたん: 東急スマートフォンアプリとして提供されているアプリで、多くの飲食店が参加しており、カフェやレストランなど様々なジャンルの飲食店が利用できます。
  6. Tabiko: 現金less 決済ができるアプリで、カフェやファストフードなど様々なジャンルの飲食店が利用できます

最終的におすすめは地域や店舗によって異なります。どのアプリを利用するかは、自分のニーズに合わせて選ぶようにしましょう。

日本で、POSレジと連動するモバイルオーダーアプリのおすすめをおしえてください。

日本で、POSレジと連動するモバイルオーダーアプリのおすすめとしては、「Fugle POS」や「Camp Mobile POS」などがあります。これらのアプリは、スマートフォンやタブレットなどで使用でき、POSレジとの連携により、オンライン注文から決済までをスムーズに行うことができます。また、データの統合や分析も可能なため、店舗経営において有用な情報を得ることができます。

AIブログ記事自動生成の感想

やっぱりすごいですよね。これだけ文字を自動で生成できるだけで、すごいです。

とくに、概念的な内容だとちょうどよい気がします。モバイルオーダーについて教えてください、と言ったざっくりした質問の回答としては、これで十分な気もします。

一方で、日本でPOSレジと連携するモバイルオーダーアプリを聞いた結果はいまいちでした。AirレジとかSmaレジとか日本でメジャーなものがでてはきませんでした。まあ、仕方ないですかね。

いずれにせよブログを書く前にChatGPTである程度文章を吐かせてから、自分で修正、追記していくことで十分な記事が作れるように鳴るのではないでしょうか。AIすごい

あとは人間側が何を問いかけるかでブログの質が上がりそうな気がします。質問力が問われそうですね。具体的に質問すればするほどよい回答が帰ってきそうです。

そんなところで。

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村 日本ブログ村〜他の診断士のブログを読むには!

AI

Posted by tomoyamurakami