人口10万人程度の自治体(2017年)

2016年の人口10万人程度の自治体はこちら

2017年の人口10万人程度の自治体

9万1人以上11万人未満の自治体をWikiから並べてみました。(出典ウィキペディア)

2017年 都道府県 市区町村 法定人口(2015) 推計人口(2017) 増減率15→17 推計人口(2016) 増減率16→17
244 石川県 白山市 109,287 109,904 0.56% 109,617 0.26%
245 千葉県 鎌ケ谷市 108,917 109,238 0.29% 109,010 0.21%
246 愛媛県 西条市 108,174 106,803 -1.27% 107,765 -0.90%
247 埼玉県 富士見市 108,102 109,053 0.88% 108,656 0.36%
248 大阪府 河内長野市 106,987 104,713 -2.13% 105,872 -1.11%
249 石川県 小松市 106,919 106,889 -0.03% 106,855 0.03%
250 茨城県 取手市 106,570 105,447 -1.05% 105,857 -0.39%
251 山形県 酒田市 106,244 103,871 -2.23% 105,008 -1.09%
252 茨城県 筑西市 104,573 102,818 -1.68% 103,323 -0.49%
253 岡山県 津山市 103,746 102,028 -1.66% 102,792 -0.75%
254 鹿児島県 鹿屋市 103,608 103,036 -0.55% 103,239 -0.20%
255 大阪府 池田市 103,069 103,993 0.90% 103,482 0.49%
256 埼玉県 坂戸市 101,679 101,826 0.14% 101,873 -0.05%
257 長野県 飯田市 101,581 100,077 -1.48% 101,121 -1.04%
258 神奈川県 伊勢原市 101,514 102,157 0.63% 101,848 0.30%
259 福岡県 筑紫野市 101,081 102,326 1.23% 101,794 0.52%
260 大阪府 泉佐野市 100,966 100,567 -0.40% 100,649 -0.08%
261 福岡県 大野城市 99,525 100,427 0.91% 100,070 0.36%
262 長野県 佐久市 99,368 99,073 -0.30% 99,056 0.02%
263 新潟県 三条市 99,192 97,480 -1.73% 98,294 -0.84%
264 岐阜県 可児市 98,695 99,282 0.59% 99,159 0.12%
265 新潟県 新発田市 98,611 97,184 -1.45% 97,940 -0.78%
266 栃木県 鹿沼市 98,374 97,145 -1.25% 97,856 -0.73%
267 愛知県 江南市 98,359 98,120 -0.24% 98,344 -0.23%
268 静岡県 島田市 98,112 96,884 -1.25% 97,430 -0.56%
269 岩手県 花巻市 97,702 95,808 -1.94% 96,884 -1.12%
270 福岡県 宗像市 96,516 96,993 0.49% 96,728 0.27%
271 福岡県 糸島市 96,475 97,000 0.54% 96,597 0.42%
272 沖縄県 宜野湾市 96,243 97,009 0.80% 96,903 0.11%
273 広島県 三原市 96,194 94,054 -2.22% 95,267 -1.29%
274 鹿児島県 薩摩川内市 96,076 94,622 -1.51% 95,529 -0.96%
275 北海道 千歳市 95,648 96,180 0.56% 96,372 -0.20%
276 兵庫県 芦屋市 95,350 94,930 -0.44% 94,925 0.01%
277 長野県 安曇野市 95,282 94,952 -0.35% 95,309 -0.38%
278 茨城県 神栖市 94,522 95,052 0.56% 94,919 0.14%
279 岩手県 北上市 93,511 92,715 -0.85% 93,207 -0.53%
280 長崎県 大村市 92,757 93,834 1.16% 93,559 0.29%
281 千葉県 印西市 92,670 96,640 4.28% 94,686 2.02%
282 富山県 射水市 92,308 91,528 -0.84% 91,999 -0.51%
283 秋田県 横手市 92,197 89,414 -3.02% 90,354 -1.05%
284 埼玉県 東松山市 91,437 92,125 0.75% 91,748 0.41%
285 兵庫県 高砂市 91,030 89,728 -1.43% 90,600 -0.97%
286 滋賀県 甲賀市 90,901 89,865 -1.14% 89,881 -0.02%
287 三重県 伊賀市 90,581 88,854 -1.91% 89,537 -0.77%
288 福井県 坂井市 90,280 89,755 -0.58% 90,000 -0.27%

 

法定人口と推計人口とは

法定人口とは基本的に、国勢調査での人口数です。
合併が合った場合はその合算値。なお、速報値であって総務省統計局による確定値と相違する場合があります。
国勢調査は5年に一度なので、すでに現時点での人口ではない可能性が高いです。前回の国勢調査は2015年10月もう、だいぶ経っていますね。

一方、推計人口は、住民基本台帳で人口が増減していくので、先程の法定人口に加算・減算された人口です。直近の総人口を把握するには、推計人口を確認した方がいいわけですね。

なお、増減率(15→17)は、
増減率 (%) =(推計人口-法定人口)÷法定人口×100 です。

※北海道だけは 推計人口を発表していないので、別の計算になります。

2016年から2017年にどう変わったのか?

2016年に45自治体あり、1年たったところでは、とくに順位に変動はないですね。

ただ、まあ、当たり前ですが多くの自治体が人口を減らしています。45自治体中27自治体が減少。増加しているところも増加率はわずかですね。0.5%以上増加しているのは、印西市だけ。この一年で2%以上増えている。すごいね

印西市は何をしている?

印西市を調べてみると、いろんなニュースが出ていましたね。10万人前後の自治体という縛りがなくても、人口に勢いのある自治体ランキングで2位なんですね。

「人口増加の勢いがある自治体」ランキング2015-17――全国TOP3は、倶知安、印西、苅田
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/PPP/072800063/100600004/

 2位は、千葉県印西市。人口は2015年1月時点で前年同月比0.41%、16年1月時点で同1.41%、17年1月時点で同2.34%と、右肩上がりに増え続けた。この3年間の人口増加の勢い指数は0.97と、1に迫る。

印西と言えば、北総線沿線に広がる千葉ニュータウン(写真2)を抱える自治体。ここで1984年に入居が始まったことから、以降、県全体に比べ高い比率で人口が増え続けてきた。人口増加の傾向は、いまなお続く。その理由は、大きく2点ある。住宅の供給力の高さと、立地の良さだ。

理由は、まずは立地ですか。東京駅あたりまで1時間かかりませんもんね。あとはニュータウンか。ニュータウン出身者としては、将来の減少は心配ですが、新しい街がドーンとできるとやはり増えていくわけですね。

印西市企画政策課によると「デベロッパーが千葉ニュータウン内と同程度の規模で住宅用地を仕入れられる場所は、東京圏ではほかにないと聞く」という。そして、供給される住宅に入居する層がいる。市企画政策課では「入居者は30~40代の子育て世代が中心。東京・日本橋まで40分ほどという交通の便の良さが評価されている」とみる。

狙いは子育ての30−40代の 王道的な作戦ですね。

ただこの先、千葉ニュータウンへの入居が落ち着く2020~25年をピークに人口は減少に転じる見通し。市では移住・定住の促進や人口減を補う交流人口の増加を目指し、シティーセールスを通じた知名度の向上に取り組む。市企画政策課では「昨年度、シティーセールスの基本方針を立てた。今年度はそれを基に実施計画を策定する」と話す。

そして、やはりニュータウンだからそろそろ落ち着いて、減少にうつっていく見込みなんですね。

しかしいわゆる住宅地であるニュータウンが、知名度を高めて交流人口増やすって戦略的には矛盾してそうですが、どう整合させていくのか、楽しみですね。

そんなところで