Facebookで 「少し距離を置きたい場合」機能が!

いつまでたってもなくならないRayBanさんからのイベント招待。もうRayBanさんに怒る気力はなくなりました。RayBanさんのイベント招待した友達は、Facebookの友達からそっと消すだけですね。 あまりFacebookをやっていない人が多いですしね。

2段階認証さえしていたら、ほぼ乗っ取りのリスクはなくなるなのになあ・・・ と思います。

そっと、友達を削除・・・ と思ったら、

「少し距離を置きたい場合」ってのがあるのですね。

 

少し距離をおいたらどうなるのでしょうか? Facebookには以下のように記載されています。

  • 相手が表示される機会を減らす: Facebookで特定の人が表示されるコンテンツを制限します。特定の人が表示される機会を減らすと、その人の投稿やタグ付けされた投稿はニュースフィードに表示されなくなります。その人へのメッセージの送信や写真のタグ付けをすすめるメッセージも表示されなくなります。その人の投稿を再び表示するには、その人をフォローします。

 

  • あなたが投稿したコンテンツやタグ付けされた投稿が特定の人に表示されないようする: 距離を置く相手に自分の投稿が表示されないようにします。その人は[制限リスト]に追加され、あなたがその人をタグ付けした投稿やすべての利用者に公開した投稿のみが表示されるようになります。

 

  • 過去の投稿のプライバシー設定を変更: プライバシー設定を変更して、あなたがタグ付けされた投稿(写真、近況アップデート、動画など)や他の人にタグ付けした投稿の共有範囲を制限します。その投稿はタグ付けされた人にのみ表示されます。これらの投稿はあなたのタイムラインには表示されなくなりますが、投稿者が投稿を削除しない限り、他の人のタイムラインや検索結果には表示されます。また、距離を置く相手とシェアしたアルバムの寄稿者からあなたが削除されます。

距離を置くと、その相手が表示される機会がヘリ、自分の投稿は相手に表示されなくなる(制限リスト入り)ようですね。

そんなところで