iPadでMSオフィスファイルが編集できると便利かなあ。

Microsoftが「25億ドル売れるiPad版Office」をあえて出さない理由
http://goo.gl/cn7Wo

 

2014年までにiPadユーザーの数は約2億人に達すると見込まれており、
OfficeのフルバージョンをiPadプラットフォームに移植する決断を
ためらう理由はなさそうに思える。

そうですよね、普通に考えたら、MACにもOfficeを提供しているのだから、
iPadにも提供してもいいと思うのです。
でも提供しない。

最近、Windows8のタブレットを持っている人がちらほら出て来ました。
彼ら彼女らが口をそろえて言うのは
タブレットで、ワードとパワポが修正できるのがいい!
ということです。

Windows8のタブレットの使い勝手の悪さには愕然とします。
iPadは、よく、小さい子供が勝手に使い方を覚えて、
遊んじゃうから困るという声を聞きます。
Windows8はその心配はないんじゃないかなあ。
どこで何しているかすぐに分からなくなります。

その使い勝手の悪さを差し引いても、
オフィス系文書を編集できるのは大きいんでしょうね。

Microsoftは、iPad向けのOfficeアプリケーションを
間もなくリリースする予定だが、これはMicrosoft Word、Excel、
PowerPointファイルの表示のみが可能な無償版であり、
編集機能は備えていない。

しかし、さらっと書いてましたが、ビューワはでるんですね。
もちろん、今でも、大抵のオフィスファイルはiPadで見ることもできますが、
結構崩れたりがあるので、これはちょっとだけ期待ですね。

いずれにしても、MACとMicrosoftで料金設定でもめているようですので
当面、エディター版は、開発も販売されないんでしょうね。

 

とはいえ、クラウド利用すれば、iPadでも
編集できるわけですね。

編集するには、Officeスイートのオンライン版である
「Office 365」に利用登録する必要がある。

まあでも、いずれ、クラウド活用、Office365活用は
必須にならざるをえないのかなとも思います。

その頃には、GoogleドキュメントのOfficeの方が強くなっているかなあ。

 

でも結局、私はノートパソコンを持ち歩いていると思うので、
タブレットでオフィスファイルの修正の必要性は、
(現時点では)感じていませんけどね。