与件に忠実というのは必要なのか?

与件に忠実というのは必要なのか?

必要です(^^;

与件は事例の企業に対して与えられた情報の全てであり、
与件以外の内容をいくら解答にかいてもそれは想像でしかありません。

と、ありきたりの話だけではアジケないので・・

(1)与件コピーの弊害
設問にて問われたことに与件コピーで解答できていれば、大きな問題ではないのですが、
与件ばかり気にして、設問はしっかり確認できているでしょうか?
採点をやらせて頂くことがあるのですが、
設問で問われていることを解答していない答案がかなりの割合で存在します。
 →つまり関係のない与件文を使ってしまっている。

特に多いと思うのが以下のような例です。
 課題なのに、問題を書いている
 原因なのに、問題を書いている
 留意点なのに、問題を書いている
  :

 問題はとても書きやすいです。
 なぜなら、たいていのことは、与件文に記載されているからです。
 まさにこれが与件コピーの弊害かと思われます。

 与件に忠実になる前に、

まずは設問に忠実になれ

  を意識すべきだと思います。 
続きは明日で・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA