2008年に読んだ本~伊坂幸太郎

(12)死神の精度 伊坂幸太郎 4点
 ついつい 実務補習の業界本を読みふける日々ですが、
 久々に小説。伊坂さんのを読み逃すわけにはいきませぬ。

死神のお仕事です。 前半は、ちょっとデスノートの影響うけてるんじゃないの?
 ってな感じで、斜に構えて読んでしまいましたが
  最後にはきっちりまとめてくれます。

いつものように、ショートストーリーといいつ、登場人物が
複合して登場し、見事に、素敵にまとめてくれます。

「眩しいのと、嬉しいのと。似てるかも」
  最後に泣き笑いです。

もう、大好き!