PayPayマイストアに入って、手数料を1.6%にした方が、1.98%を受け入れるより、お得になる売上高はいくらか?

8/19に、Paypayの手数料が、2021年10月より、1.98%になると発表されました。

あわせて、PayPayマイストアに入ると、1.6%に手数料が下がります。どちらがお得なのでしょうか?

PayPayマイストア

決済手数料を1.98%ではなく、1.6%にするには、月額制の加盟店向けデジタルマーケティングツール「PayPayマイストア」をに入る必要があります。PayPayアプリ上にストアページを作成し、同アプリのマップ上に表示できたり、「PayPayクーポン」も発行できる、今期中には、決済連動スタンプカード機能も実装されるとのことです。(税別1,980円 →税込み2,178円)

手数料が下がるほか以下のメリットがあります。うーむ、これを機に、食べログとかぐるナビにも対抗していこうということですかね。

月商の売上見込がいくらあれば、PayPayマイストアに入ったほうがお得か?

ある程度、売上規模のあるお店であれば、PayPayマイストアを利用したほうが良さそうですね。ある程度というのは、 1.6%と1.98%で 0.38%の差がありますから、計算すると、だいたい58万円弱です。 

58万円の月商なら 58万円×0.0038=2,204
 ・1.6% の手数料9,280円
 ・1.98%の手数料11,484円  (2,204円高い)

PayPayマイストアの月額利用料金は、税込み2,178円です。

月商58万円と聞くと、余裕で達成できそうですが、PayPayの決済だけで58万円ですので、達成できない小さなお店も多そうですね。

そうすると、甘んじて、1.98%を受け入れるか。。。

早く入会するとテンポへのキャッシュバックも

手数料の引き下げのほか、9月19日までに申し込みをした加盟店に対し、「PayPay決済売上の3%」をキャッシュバックするキャンペーンも実施されるとのことです。

対象期間は2021年10月から2022年3月まで、キャッシュバックは2022年4月以降に振り込み予定。上限は100万円までです。

そんなところで。