インボイスのAPI機能の仕様書が発表されました。

インボイスでは請求書の書式が変わります。そして、相手のインボイス番号が有効かとか毎回自分で確認していては大変でしょうから、会計システムでインボイスの番号チェックなどが自動で行われるようになるんでしょうね。

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/invoice_shinei_api.htm

今年の10月からインボイスの登録は始まり、2023年10月からインボイス制度がスタートします。

その時点で、企業は請求書をシステムで発行しているなら、改修やバージョンアップしていく必要があるでしょう。最も、当社も含めてクラウドサービスの会計サービスを使っている事業者は、それほど気にしなくても、自動でクラウド側で対応されることになるでしょう。

残り2年ちょっと、まずは、会計系のITベンダさんに頑張ってもらって、早期にシステム対応がすすむといいですね。