マスクの種類によって声の届き方はどう変わるか試してみました

最近は、まだまだオンラインでセミナを実施することが多いです。ただ、徐々にリアル会場でのセミナも再開されつつありますが、会場ではマスクをすることが求められます。 不織布マスク、フェイスシールド、口元シールド、シルクコットンマスク、アベノマスク、そして「歌えマスク」をつけて録音してみました。滑舌が悪くてすいません(^^;

使ったマスクの一部URL

「歌えマスク」http://www.okuyama-p.co.jp/mask.html

口元シールド https://amzn.to/3ipNPJW

シルクコットンのマスク https://amzn.to/35ww5ZS

試した結果

基本的には、まずは口元に当たらず、口が自由に動く事が大事だと思います。

そういう意味では、不織布のマスクや、コットンマスクもしゃべりにくいことはまちがいないです。

一方で、フェイスシールドは口元に影響を与えませんが、顔全体を覆っていて、声がモアモアと反響する印象があります。

口元シールドは口にはマスクが触れませんし、声がこもる感じもありません。

歌えマスクも口元にあたらないし、声がこもらないのはいいですね。

そんなところで