Pinterestをお店などのビジネスで活用するには

次にくる、SNSは何だ!みたいなこと考えてあまり意味はないと思いますが、ユーザ数が増えているなど変化があるSNSは気になります。

Pinterestは登場した際に、少し触っただけで、放置しており、消え去っていくSNSなのかなあと思っていましたが、風向きが変わってきている気がします。

SNS活用の相談者さんに、今何を使ってどんな発信をしていますか?と伺うのですが、この1ヶ月で、2人Pinterestを活用されている方がいました。

Pinterestの活用データ

そこでデータを見てみると、ユーザ数はふえており、4大SNSにはかないませんが、活用が進んでいるようです。

Instagramより比率でいくと20−30代の女性は多いですね。絶対数ではInstagramですが、Instagramも徐々に高齢化が進んでいます。

Pinterestの動向

 

ユーザとして使う

Pinする(保存する)

気に入った写真を保存していきます。
自分なりのボードを整理しておくといいでしょう。この場合は、 サングラスというボードを作って写真を保存しました。

部分的画像検索

Pinterest特有の機能は画像検索ですかね。

以下の写真のように、部分的に写真の範囲を選択します。 サングラスにしぼると、似た画像がでてきます。部分的画像検索とでもいいましょうか。ファッションアイテムを探したい人には貴重な機能ですね。 そして画面の右上にはサングラスの中で、タグで絞れます。 Ray ban などで絞れるわけです。
それにしてもRay banはスパムのおかげですっかりイメージが悪くなってしまいましたね(><

Pinterestで画像検索

Webサイトに投稿をはりつける

気に入った写真をWebサイトに貼り付けることも可能です。
写真の左上から、埋め込みボタンをクリックして、コードをWebサイトに埋め込みます。

なお、Wordpressだと、テキストモードで埋め込んでください。そしてその投稿は、ビジュアルにはもどさないでください。埋め込みコード消えちゃいます。

そうすると以下のとおり。


お店として使う

自分のWebサイトの写真をPinしたいときは、Chromeの拡張機能を入れておくと便利ですね。

Chromeの拡張機能でPinする

自分のWebサイトで、Chrome拡張のPinボタンを押すと、

自分のサイトでPinする

その投稿で含まれれる画像がでてきます。 その中で、Pinする写真を選ぶわけですね。

自分で投稿してもすぐにお客様に見てもらえるか微妙ですが、自商品などのPinや関連する他の写真などを地道にPinしていけば、類似画像検索などでお客様の目に留まるかもしれませんね。

そんなところで