尽く書を信ずれば則ち書なきに如かず

尽く書を信ずれば則ち書なきに如かず
孟子

尽信書則不如無書
ことごとくしょをしんずれば すなわちしょなきにしかず

--------------------------

書物に書かれていることを、
真偽の判断もせずすべてそのまま信じるならば、
なまじっか書物などない方が良いという意味。

孟子の言う「書」は『書経』のことで、儒家の、言わば聖典です。

その聖典ですらすべてが正しいと、盲信してはならないということですね。

心酔すればするほど、人でも書物でも、盲信してしまいがちです。
鵜呑みにするのではなく、自分なりにかみくだいて理解する必要があるでしょう。

とはいえ、書をよんだり、とりあえずGoogleで検索して見ることは必要でしょう。
調べたり読んだりもせずに、人に聞いたり、知らないまま実行しちゃうのだけは避けないといけない。

しっかり、読んで、調べて、
そしてその上で、自分なりに考えて答えを出す!

そうありたいものです。

 

 

その他の診断士ブログを見るにはこちらから!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士