金融機関は中小企業を支援できているか?~中小企業金融に関するアンケート(東京商工会議所)

普段、ITネタばっかりなので、たまには、診断士らしい?ネタでいきます。

「中小企業金融に関するアンケート調査結果」 の公表について
東京商工会議所 中小企業部 H24/8/27
http://www.tokyo-cci.or.jp/page.jsp?id=21502

中小企業が金融機関に求めること  と
金融機関がが中小企業から求められていると考えていること
もちろん、1位は 両方とも、  安定した資金供給です。

しかし、その後はばらつきますね。
中小企業は、「金利の優遇をしてもらいたい!」82% →そう考えている金融機関は8.2%と十分の一

 金融機関は、「中小企業は経営へのアドバイスを求めている」84% → アドバイスを求めている中小企業は10.3%

ひどい言い方をすると、中小企業は、金融機関に口を出すな、カネをマケろ!と言ってるように見えます。

 


次に、中小企業の金融機関への不満の内容は・・・
担当者が代わりすぎだとか、支店長の方針によって変わりすぎだとか。。なんか想像しやすい回答が上位ですね。


中小企業の6割以上が、現在緊急融資が受けられると考えている。
この見解が、金融機関と異なるようであれば、怖いですね。


金融機関が貸出審査で重視している項目は?
総合的な取引振りなんていわれても、何の指標でもないし、
そうすると経営者の資質に着目している割合が非常に高いと言える。
社長を重視しているという見方もできるし、
会社の内容を詳しく見れないので、社長だけ見てるとも言えるのでしょうか。

 


最後に、セーフティネットの延長が必要か否か?
中小企業は6割強、銀行が8割弱必要だと感じています。
中小企業より、銀行の方が必要だと感じているのですね。


さて、このアンケートを受けて、今後どのようになっていくでしょうね。。。

最終なのだ・・・中小企業金融円滑化法最終延長
http://matome.naver.jp/odai/2133541434634312901

その他の診断士ブログを見るにはこちらから!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士