驥は一日にして千里なるも、 駑馬も十駕すれば則ちまたこれに及ぶ(中国古典に学ぶ)

歴史診断士の村上です。

中国古典一日一言 (PHP文庫 モ 1-4) を読みながら、思ったことを書いていきたいと思います。

驥は一日にして千里なるも、

駑馬も十駕すれば則ちまたこれに及ぶ

               荀子

きはいちじつ にしてせんりなるも
どばも じゅうが すれば すなわちまたこれにおよぶ
--------------------------

「驥」とは、1日に千里、つまり500km走れる名馬です。
1日で東京~大阪間を走れるすごい馬!

「駑馬」は、だめな馬・・・というより普通の馬なんでしょうね。
1日50kmしか走れなくても、10日間続ければ「驥」においつける!

もちろん、「驥」は、その間により遠くに行っているかもしれません。でも、「駑馬」でも、10日がんばれば少なくとも当初のゴールには到達できるんですね。

着実に一歩ずつ、そうしたら、1日50kmじゃなくて、70km進めるようになるかもしれない。
そうすると、10日もかからなくなるかもしれない。
 

 

 

Please 1Click/1day!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士