演習1〜お弁当注文集計システム: まずは簡単な1シートのエクセルをアプリ化する

動画

以降で操作を画像と文字で説明していますが、まとめた動画を最初に貼っておきます

データの準備

Googleドライブでスプレッドシートを作ります。

スプレッドシート作業をします。

  • アプリ名を決めます
  • 管理する項目を決めます。
  • データを格納するテーブル名を決めます。

実際のデータはまだいれなくてOKです。

アプリを作っていきます。

  • App name アプリの名前を決めます
  • Category 分類ですが、なんでもいいですが、Otherにしておきます
  • そして Choose your data で先程作ったスプレッドシートを選択します。

先程作った、bento0315のスプレッドシートを選択しました。

アプリの具体的な設定を行っていきます。

Data ー Columns の設定を行います。 以下の項目を設定します。

  • 日付 → 自動で 今の日付を入れます  かつ 日付の 降順(新しい順)に並び替えます。
  • 名前 → 必須項目にします
  • 弁当名 → プルダウンで選択できる項目を登録します。

日付の項目を設定します。

TYPE を Datetimeに変更して、 初期値(INITIAL VALUE)を now() とします。←現在時刻が自動で入る。

日付のINITAIL VALUEを設定します。

now() を入力して SAVEします

INITIAL VALUEに =now() が登録されました。

名前

名前を必須項目にします。

REQUIREにチェックをします。

お弁当名を設定します。

ブルダウンから お弁当を選択できるようにします。

Input mode は Stackにしました。 (選択する項目の見た目が変わります)

設定が終わったら、 右上の Done をクリックします。

要所で、右上の SAVEボタンを押しておきましょう。

アプリの見た目を設定します

UX- Vewから設定します。

View type で表示の見た目が変わります。

また、Sort by で並び順を 日付の降順に設定しました。

下の方にいって、 Display で Iconや Display nameを登録しました。

最後に、 UX Brand で見た目を設定してきます。

Themeや logo その表示を設定しました。

プレビューモードでデータの登録を試してみます。

右側にプレビューで使えるアプリが表示されています。 +ボタンでデータを登録します。

3件ほどデータを登録してみました。

登録されたデータをスプレッドシートで確認します。

データが登録されました。

スマホのアプリで使える

Andoroid 、iPhone で Appsheetのアプリをダウンロードして試してみてください。

スマホから、データが登録でき、Googleスプレッドシートが更新できるようになりました。

戻る