ノーコードツール Apsheetの活用サイト〜中小企業でコストを抑えてスマホアプリを作って効率化

ノーコードツールとは

2020/8/3 【超入門】「ノーコード革命」に乗り遅れるな Newspicksより

ノーコードツールは従来のエンジニアによるコーディングを必要とせず、画面上でのドラック&ドロップで誰でも簡単にシステム開発ができるプラットフォームです。

これからの時代、語学とプログラミングができたら素晴らしいなあ、と思う一方で、語学については自動翻訳の時代が近々来るのかもしれません。

プログラミングも、論理的な思考ができるという意味ではぜひ取り組みたい気もしますが、ノーコードツールがあれば、それほど個別の言語に拘る必要はなくなるのかもしれません。

すごい時代になったものです。

Apsheetとは

AppSheet とは、ノーコードでアプリケーションを構築できる開発プラットフォームです。2020年の1月にGoogle が買収し、Google Cloud のサービスの一つになりました。

ですから、Googleのスプレッドシートと連携して使っていくのがよさそうですね。

Appsheetの準備

Googleのアカウントが必要です。そのうえで、 Appsheetにアクセスします。

Start for Freeから始めます。

Start for Freeから

次に、QuickStartからアプリを作っていきます。

Make a new appから

Create a new app から、アプリを作っていきます。

  • Start with your own data 自分のスプレッドシート等のデータから作っていきます。
  • Start with an idea ウィザードっぽい感じで答えるとアプリができていきます
  • Start with a sample app 営業管理などサンプルがあるので選んで作っていきます。

今回は own data 自分のデータから作っていくことにします。 他の2つからもアプリがすごいのができますが、自動で作られてしまうので、自分で何をしているのか、よくわからなくなりますので、まずは、着実に小さなアプリを作るところからやってみたいです。

Start with your own dataから

Create a new appから、 App name をつけて、 Categoryを選びます。 名前は、なんのアプリかわかるようにつけてください。 Categoryはなんでもいいですが、 Otherにしておきます。

そして、Choose your data ということで、スプレッドシートのデータを選択します。

ここからは各アプリごとに選ぶデータが異なりますので、以下の演習に入っていきます。

演習