中小企業診断士としての5年目が終わる。

中小企業診断士6年生になりました村上知也です。

kousin.jpg

早いものですね。中小企業診断士として登録して、5年がたち、
5年で資格更新なので、上記写真のように
 診断実務の証明書と理論政策研修の修了書を診断協会に送りました。

 診断実務の証明書は、一枚が、代表者印ではなくて、
 会社員になっていると言われて無効ですと協会からご連絡をいただきました。
 まあでも、実習ポイントは70ポイント(必要なのは30ポイント)くらいあったので、
 多分、無事更新できるかと思います。

 多分というのは、まだ、新しい診断士の証明書が来てないからです。
 
私が独立したのは5月1日ですので、仕事のことは、その時に振り返ろうと思いますが、
 それ以外に、診断士活動をたくさんした5年間でした。
 研究会は毎年4-5つくらいは出席率よく参加していますし、
 実習ポイントもたくさん貯まるくらい診断活動を行いました。(仕事以外でです)

 独立してるんだから、もっとお金に直結することをしなきゃあ!という思いもある一方で、
 いろんな機会に参加して、色々勉強し続けることも診断士には必要だと思っていますので、
 こういったスタイルは継続していきたいと思っています。

 とはいえ、勉強だけで、仕事につながらないのも困りますので、
 やはりそのバランスをどのように取っていくか!
 診断士2期目の5年も全力で考えながら行動していきたいと思います。