H21事例3の考察~生産形態

過去問分析の材料の一つになれば、幸いです。
----------------------------------
さて、平成21年事例3は
第4問
「C社の見込生産と受注生産の違いを・・述べよ」
この問題に集約されるのかもしれない。
生産事例は、現場コテコテの改善事例の頻度は多くない。(昔に比べて)
戦略の方向性提示にシフトしてきたのも事実だけど、
生産形態について、問われている問題が増えている。
いや、明確に生産形態と言われているのは多くはないと思いますが、
生産形態、特に時期(見込生産/受注生産)かは強く意識しないといけないし、
片方だけでなく、混在する課題にいかに対応していくが重要になると思います。
経営資源の乏しい中小企業、特に小企業などでは、
見込み品であっても、受注生産しているところは多々有ります。
とは言っても納期がある。さてどうしようということになります。
----------------------------------
JIS:「生産形態」とは
与えられた市場、経営、技術などの環境条件のもとで生産を行う形態である。
ま、これだけでは何だという感じだけど、
 生産時期:受注生産、見込生産
 生産品種・生産量:多種少量、中種中量、少種多量、変種変量
 生産指示:押出し型、引取り型
 加工品の流れ:フロー型、ジョブショップ型など
 生産方式:個別生産、ロット(バッチ)生産、連続生産
----------------------------------
平成17年の事例3でも、標準品生産をする際の生産体制を
どうしますか?という問題がありました。
「標準品だから、見込みで連続でラインで生産すればよい。」
 というのも知識的にはOKだと思いますが、
 設備や在庫や色々とリスクが大きくなるのも事実です。
そこで、後工程起点のプル生産、JIT、BTOなどのキワードが出てくる
のだと思います。
もちろん、中小企業に対して、JITだ!、BTOだ!とキワードで
提案しちゃうのは、オーバースペックに見られがちなので、
気をつけないといけないですが。
そして、平成21年の事例3
第2問
在庫の問題ですが、生産形態が大きく影響している問題だと思います。
 生産現場のロットサイズに合わせて発注しているので、
 需要より多くの在庫を抱えている一方で、
 多品種化により、すべての在庫を持てなくなり、
 在庫切れも起こしている。
→じゃあ、「生産現場ではなくて、実需に合わせた発注をしよう」
 というのはあまりにも短絡的になってしまいます。
 →与件の問題点を裏返すだけでは、点数は取れても
  合格点には達しないと思います。
 
 生産現場に合わせた発注ロットサイズになっていたのは
 理由があるはずです。適当に増やしたわけではないです。
 そこを、単に、実需に合わせてしまうと、生産性の低下などを
 引き起こしかねません。
→ではどうするのか?
 やはり、小手先ではなく、
 生産形態からしっかり見なおしていくべきではないでしょうか?
 なぜ、C社は在庫が増えているのか?
 もちろん管理面や発注面の不備もありますが、
 品種が増えていることの影響が大きいと思います。
stock2010.jpg
 1品種で在庫がN個必要だと、
 170品種だと170N個の在庫が必要になるわけです。
 そうすると、170N個も在庫は保管できず、
 売れていない製品は在庫を持てず、欠品にも繋がってしまう。
 じゃあ、品種を減らせばいいかというと、消費者ニーズに対応できなくなる
 リスクがある。
 (GTとかで、なんとか少し減らしたいとも思いますが)
 170アイテムの中身は、
 材質、塗装の色違いです。
 材質は仕方ないとしても、塗装の色塗りは、工程の最後の方でできそうです。
 そうすると、色を塗装する前まで、仕掛在庫を保有して、
 注文がきたら、機動的生産体制で色だけ塗って出荷することも考えられます。
 (塗装を乾かすのとかある程度時間はかかりそうですが、
  1ヶ月ということはないと思いますし)
 
 もし、色の種類が10種類あれば、それだけで在庫は17N個まで減ることになり、
 仕掛在庫を持ったとしても、在庫の総量は減らせるはずです。
第2問の論点で記載してきましたが、この内容は、第3問にもつながるはずです。
 与件の単純なコピペでなく、1歩踏み込むことで、
 設問間のつながりも、わかりやすくなる可能性がありますね。
Please 1Click/1day!
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村:中小企業診断士

 

7 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS: 06ffe403be01ecc7ebb916e58b6e5cd5
    はじめまして。
    中村先生にしつこく質問した(イジってしまった?)たけしと申します、
    この設問も概念としては、「色塗る直前までの仕掛品を需要予測に則ってつくれ」
    でいいと思います。
    ほぼおっしゃるとおりです。
    ただし与件上の数値が不足しているので、
    あまり数字や自説に固執して妄想を膨らませると、
    「そんなの与件にないし間違ってるだろ!」
    で採点で討ち死にする危険があると感じました。
    ・木材の品種違い、塗装の色違いの製品に占める割合
    ・製品在庫の内訳(販売数量の多寡によって違うはずだが詳細不明)
    ここらへんが不明なので実際の解答は
    改善後のイメージだけに基づいて作成するしかなさそうですね。
    いかがでしょうか?

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >たけしさんコメントありがとうございます。
    これらの分析の内容は、この年のこの解答はこれに違いない!と断言するために書いているのではないです。あくまで、こういった論点があるんだろうという、論点のポケットを増やし欲しいというのが最大の目的です。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ですから、H21であれば、
    ・見込生産のままいってもいいのだろうか?
    ・プルで即納体制構築することは可能か?
    ・仕掛り在庫保有で全体の在庫を減らせないだろうか?
     という論点のポケットを持っていれば
     今後の2次試験の時に、多面的な思考を構築しやすい!
     そのためのブログとして使って頂けると嬉しいなと思います。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    実は、去年の解答速報会で、この論点を主張したのですが、少し踏み込みすぎだろうということで、最終的には模範解答例に取り入れませんでした。
    それはそれでいいと思います。踏み込んだ上で、リスクは察知して、引き返す。この行動が必要だと思います。
    最初から踏み込まなで留まるのと、引き返すのでは解答にも雲泥の差がつくと思います。

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    とはいえ、私は
    「塗装の色違いの製品に占める割合」がわからないですが、数値がないからといってスルーしてしまうのは、与件の見落としだと考えます。
    アイテムが増加したことで問題が発生しているのは間違いない。顧客ニーズに対応するためだから仕方ないとするのではなく、何らかの改善策は求められていると思います。
    1色しかない家具もあるだろうし、10色ある家具もあるでしょう。でも色違いが少しでも有る限り、仕掛保有体制は十分に考えられると思います。

  • SECRET: 0
    PASS: 06ffe403be01ecc7ebb916e58b6e5cd5
    ぶしつけなコメントでしつれいしました。
    まったく解答の方向性は同感です。
    仕掛品在庫を増やして完成品在庫を減らす、という要素は必須だとおもいます。
    ただ、これ以上深堀すると危ないな、と思っていました。
    まだその間合いが会得出来てませんが、、、

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    本試験の中で初めてこの論点を考える時間はないと思います。だからこそ、過去問分析で時間をかけて、事前に考えておくのが重要だと思って、過去問分析のブログを書いています。
    1回考えておけば、本番でも時間がなくて考えられなかったなんて状況を避けられると思うのです。
    おっしゃるとおり、間合いと危険を察知する能力は必要ですね。
    本番では(初めて)深堀する必要はないと思います。事前に自分で考察したことない論点を使うのは危険なので。
    しかし、事前に深堀しておけば、本番では深堀ではなくて、自らの論点ポケットから迅速に引き出してこれるので迅速に対応できるのではないかなあと思います。
    (この論点を書く、書かないのリスク判断が素早くできる!)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA