自分の名前が他サイトに載るということ〜エゴサーチの薦め

自分のホームページの検索順位を上げるには、まず第一に自分のサイトで、お客様にとって喜んで読んでもらえる記事を増やすことにつきます。

それ以外に、関連性が強く、アクセス数も多い他サイトから自分のサイトが紹介されると、自分サイトの検索順位が上がる可能性があります。

そのため、自分のサイトを作った直後は、他のサイトに載せてもらったりされるとうれしいですね。特に、Jnet21とか公的なサイトでリンク貼ってもらえるとありがたいです。

しかし、被リンクを増やすためにいろんなサイトに登録したり、とにかくいろんな団体に入ってそこのWebサイトに掲載してもらうというのは、ありがたいかもしれませんが、将来的にはリスクもあります。

エゴサーチしていますか?

自分の名前で検索することをエゴサーチといいます。村上知也の場合は、検索すると1位にこのサイトがでてきますし、他には自社の法人サイト、Facebook、Linkedinなどがでてきて、1ページ目は、特に問題が無いと言えます。

ただ、2ページ目に移って他の情報も見ていると、「あっこんなところに載っている」とうこともあります。

そういやこのサイトには、診断士をとった直後に、自分で登録しました。だから当然今でもでてくるわけですね。 でも住所も昔のものだし、もちろん写真も10年まえのもの。

そもそもこのサイトと関係して仕事をしているわけでもないので、載っていることは自分としては気持ち悪いわけです。

もちろん、このサイトが悪いとか、良いとか言っているわけではないです。

自分の意志で登録していますから。でも他のサイトで自分の管理外で自分の情報がでてくることは、プラスよりマイナスが多いと思います。

そのため今回は、このサイトから登録を外しました。もちろん10年前のことだからパスワードもわからず、再発行の上削除しました。

一方で、Jnet21などで自分の記事が出てくるのは、まだ嬉しいものです。

コンサルタントの一覧ページ

士業同士でみんなでページを作って、コンサルタント一覧として掲載されているページを良く見かけます。 もちろんこれも悪いことではなく、本来ならいいことですね。一人のページじゃ弱いから、みんなで力を合わせて事業もWebもやっっていく。

わたしもやっています。セミナサイトを作って仲間内で一覧掲載しています。 https://trainingtraining.jp/

ただ、放置されているページってたくさんありそうです。昔はメンバだったけど、今は所属していないのにまだずっと放置されているケースです。

これはメンテナンスに手が回っていないだけのケースもあれば、やめているのに、一覧のメンバの数は多いほうがいいので、あえて消していないサイトもあるんじゃないかと思います。

掲載される方も、まあ載っていてもいいか・・・というレベルなら放置しておいてもいいのでしょうが、実際に、仕事上関連がないのに、掲載されたままになっていると、外部の人が見ると、そのグループ・会社に所属しているとみなされます。

これはある意味リスクになりえます。

こんなにいっぱいメンバ囲っているんだ!っていうその会社の信用の源泉になっていることもあろうかと思います。

この機会に、ぜひエゴサーチをして、自分の意図と反するページに掲載されたままになっていないか、一度確認してみてはいかがでしょうか?

そんなところで。