創業支援に必要なIT

月間企業診断で創業の記事を書きました。 創業支援に必要なITです

月間企業診断 https://www.doyukan.co.jp/store/item_2017061.html

企業に勤務していた方が、創業した時に失うものの1位は「会社名という看板」ということはよく言われます。私自身も独立した時に感じましたが、それ以上に「総務機能」を失ったということを強く実感しました。会社員時代であれば、名刺は「100枚頼むよ」って言っておけば総務担当者が発注してくれていました。変更するときも既存の名刺に赤入れして渡せばいいだけ。また異動や昇格の時は言わずとも勝手に名刺が出来上がっていました。さらに、頂いた名刺も総務担当に渡すと、エクセル化して置いてくます。そして、お中元や、年賀状の時期には、送る人にチェックをすると総務部が勝手に送ってくれていました。

名刺、チラシ、提案書印刷、会計、給与計算、請求書発行・・・・ 自身でやってこなかったものを独立して一人でやっていくわけです。はっきり言ってめんどくさいです(笑)

こういった業務をITで効率化しておかないと、本業の創業がスムーズに進められないかもしれません。特にオフィスにあまりおらず出歩いてばかりいる創業者は総務作業をする時間がなかなか取れません。また逆に、こういった総務作業を全てほったらかしにしていると、後で痛い目にあいます。本章では、創業時に必要なIT活用についてまとめていきます。

 

そんなところで