読感42「きみのともだち」重松清

きみの友だち 重松 清 4.5点

あかん、お風呂で読んでたら上がれなくなりました。
号泣です。ま、ちょっと、くさいところも多いけど、

主人公は恵美ちゃんだろうけど、各話、いろんな少年少女の悩みが出てきます。
 どんくさくて、はぶられる 子
 腰ぎんちゃくすぎて、グループから追放された 子
 スポーツ万能だけど、嫉妬から脱却できない  子

何が解決するわけではないけど、ちょっと考えたり、行動する方向を変えるだけで
強く生きていけるんだなあと思いました。

 わたしは、あんまり、小学校、中学高の思い出がなくて、今では記憶も朧げです。
 たくさんの思いではあっただろうけど、一つの深い思いを
 つくることができなかったのかなあ。。。

読んでて息苦しいんだけど、その情景がスナップショットのように浮かび上がってきて
美しい本です

 わたしも デジカメでパシャパシャしたくなりました

–Amazonより–
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8D%E3%81%BF%E3%81%AE%E5%8F%8B%E3%81%A0%E3%81%A1-%E9%87%8D%E6%9D%BE-%E6%B8%85/dp/410407506X/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1215426438&sr=8-2

嬉しいこと、つらいことがいっぱいあったから、「友だち」の意味がわかった――痛みや喪失を乗りこえ、少女たち、少年たちはやがて…。珠玉の長編小説!