京急川崎のRINGOは儲かってそうだ〜カスタードアップルパイうまし!

川崎の中小企業診断士村上知也です。

うちの最寄りは京急川崎駅です。京急川崎駅は2016年のGWに駅前にウィングができました。まあ、川崎なんで、ショッピングモールはたくさんあるわけですが、最近、西口のラゾーナに押されて、東口ではさいか屋閉店など今一歩のニュースも多いですが、ウィングにかぎらず、小規模に色々立て直しが図られており今後が楽しみです。

そんな京急川崎口ですが、いつもと流れが違う現象が続いています。駅前にいつも人が並んでいる!

r4

RINGO?

アップルパイ屋さんですね。

焼きたてアップルパイの店RINGO(リンゴ)、神奈川初出店!「ウィング川崎店」オープン
http://entabe.jp/news/gourmet/11311/apple-pie-shop-ringo-opens-in-kawasaki-kanagawa

並んでいると、興味は惹かれますが、とてもこんなに並ぶ忍耐力はありません(^^;

でも、売上は気になる・・・

r0

りんごパイは1個399円。パン屋さんで買うことを思えば高い気もしますが、神戸屋のアップルパイでも300円は越えていた気がしますので、まあ、そんなもんなんでしょうかね?

4個入りだとぴったりサイズのBOXに入れてくれるようなので、1,512円。

price

営業時間は 10−21時。ずっと並んでいる気もします。一人あたりの会計時間は長めに見て1分くらいでしょうか。そうすると1日で 60分×11時間で、660人に売れる。

お客様の単価は、よくわかりませんが、1個で買っている人は少なそう。4個とかおみやげで8個とか買う人が多そうですね。まあ、4個の1,500円くらいでしょうか?

1日のお客数がが 660人 で、 売上が、 660個×1,500円≒100万円/日

定休日は無しなので、月30日。

1ヶ月の顧客数が 660人×30日 ≒ 2万
1ヶ月の売上が、          3,000万

すごいな。。。

実際は開店直後の様子は以下の記事が有りました。1ヶ月半で15万個! 1ヶ月10万個。一人4個を買うとすると、2.5万人が来訪している感じですね。その頃より、半年が過ぎて、少しはペースが落ちている気がしますが、やはり凄いですね。

1ヶ月半で15万個売れるアップルパイ!「RINGO」の2号店が川崎にOPEN
https://retrip.jp/articles/41478/

店舗の運営は?

4坪くらいでしょうか?もうちょっとあるか。ほんとにお店ちっちゃいです。地図の22番ですね。店員は6名。お客様はお店の外で並んでいますしね。

となりの21番のコメ楽は、時々行きますが、おにぎりとかお茶漬けのお店。結構詰めて席がありますが、マックスで15名定員くらいのお店です。

eki

オーブンが2台並んでいて、焼きあがったのを仕上げるコーナー、販売コーナーと3つに分かれていて、各2人ずつが働いています。 仕込みは他の場所でやるけど、焼くのはお店でやって、出来たてを提供の形態ですね。

人件費は、お店でだけで考えると、 時給1,000円×11時間×6人=6万6千円 仕込んで、需要に応じて配送してきて外側に何人いるんでしょうね。

家賃は・・・わかんないけど、売上歩合なんでしょうか。10%だったら、300万円・・そんなに払わないね。

いずれにしても、儲かってますね。なんかその上の階にあるカフェとかに比べると、カフェとかがかわいそうなくらい(^^;

いつまでもこの流れが続くわけではないんだろうけど、ヒット商品が作れると凄いことになるんですね。さらに単品経営だし、持ち帰りだけだしね。数年で切り替えて行くんでしょうかね。

半年がすぎて、行列も減ってみたので、自分でも買ってみた

r1

 

r2

この記事は2ヶ月くらい前に書いたんだけど、自分で食べてないのにアップするのも何かなあと思って保留していました。今日、5人待ちくらいだったので、購入してみました。カスタードアップルパイというからものすごい濃厚なイメージだったけど、すごくあっさりして、美味しかったです。ひとりで3個くらいいけそう(^^;

そんなところで。