結局、どうなったらキャッシュレス消費者還元事業に登録されたことになるのか?

10月1日から中小企業のお店でキャッシュレスで購入すると、消費者は5%還元されます。しかし、多くの事業者の申込みが殺到して、事務処理が遅れ気味の決済事業者が多いようです。 (この辺は、体制を十分に構築して素早いところと、遅いところがありますね。

登録されるまでの流れ

一つ一つの手続きは面倒では有りませんが、段階が多くて、自社が登録されたのか不安になります。私が申し込んだタイミングとかを併記しながらスケジュール感を確認していきます。

なお、当社は、SQUAREに申し込んでいます。

実際の流れ

決済事業者に申し込み (2019年3月ごろ)
 ↓
決済事業者から キャッシュレス端末が届く(2019年4月中旬)
 ↓
決済事業者から補助金登録の案内メールが来た(2019年5月中旬)
 ↓
決済事業者に 消費者還元事業申し込み(2019年5月中旬)
 ↓
政府、もしくは決済事業者から加盟店IDが届く(2019年7月下旬)
 ↓
政府の、3600ページ(今後増える)の登録事業者のPDF(重い)に掲載される(2019年9月頭)
 ↓
政府から、キャッシュレス還元事業のポスターなどが届く(2019年9月9日)
 ↓
消費者還元の開始日」の通知をもって、登録審査が完了

一体いつになると終わるのでしょう。本日SQUARE社からメールがきました。

9月下旬にメールが来るらしい。 9月下旬に10月1日から還元されます!って言うメールがくるんですかね。ホントギリギリすぎる。

対応の早い決済事業者と遅い決済事業者で差が付きそうですが、もうちょっとスムーズにすすんでほしいですね。

なお、この補助金の申込みは来年の4月までできます。10月が間に合わなかったからと言って諦める必要はなく、今すぐにでも申し込んで、電子マネーリーダー等をゲットしておきましょう。

そんなところで